大学に入学して、欧米芸術史など、各種教育をします。また、興味のある習い事を大勢します。お演劇などを頻繁に観に行きます。

大学時代、通学年月が長くて、パブリック教養などの実習は断じて勉強せず、また、専攻した学科の課程は、今から思えば、よく実のある実習ではなかったので、大学に再入学して、今、興味のある、欧米芸術史、内的学、我が国人前史(江戸時代)の課程を受け、ライブラリー司書の認可、学芸員の認可を取ります。

景気、規則、監視学の実習も受けます。

また、薬にも興味があるので、受験学校をして、薬学部に入ります。

そしたら、テニスが大好きなので、テニス講義に入って、ロブ、スライス、航行をかけたショットを打つなど、一通りの演奏ができるようになります。

また、ピアノも好きなので、ピアノを買い、特訓を受けて、望みはものすごく、「ラフマニノフのピアノ協奏曲第後」がはじけるように練習します。

洋裁にも興味があるので、不器用なやつでも、簡単に操作できる、ハイスペックなミシンを買い、洋裁教室に通って、自分で、好きな故郷を選んで、自分の好みの外観のスカート、ワンピース、ブルゾンを焼けるようになります。

歌を歌うことも好きなので、ボーカル講義に通って、歌が賢くなるようになります。

そうしたら、おショーが好きなので、面白そうだなと思ったショー、ミュージカル、歌舞伎、落語に頻繁に行きます。ネットカフェ バイト