欲を貰うのが抽選の真の訳

身はくじを買ったことがない。なぜかというと、絶対に接するわけがないと思っているからだ。

でも、仮に何かでくじを買って万が一7億円もの大枚が当たったとするなら、1千万円くらいは残して、後は貯金講じる!!と、想う。

が、じつはどうするのだろう。

身は昨今スペシャリスト女である。1か月のおお金は100005千円。

ほんとに7億円当たったのなら、バカになったように今まで買いたかった我慢していた方針が爆発するかもしれない。いいえ・・・講じるにちがいない!!

ブランド品には至って興味がないが、もしやそんだけお金があるのなら方針や嗜好が繋がるかもしれない。

肩ひじをはりたくなってブランド品を買いあさり、着物も今までどんなに安く望ましいウエアを発見できるかを楽しんでいたが、ただ、甘い!おしゃれ!!高いけど買っちゃえ!というドリームの通り貰うだろう。

運行が好きなので、渋いスポーツカーを、遠出事柄、ご近所のお買いもの事柄と、何席も購入するだろう。

都市に一軒家を建て、なんなら光景が素敵な癒される故郷に別荘でも建て、亭主には業を辞めてもらい、二人でのんびりした日帰りを明かす。

お互いの親にも欲しいものを買ってあげたい。喜ぶ面構えがみたいのだ。

くじは「ドリームを貰うんだ」という人脈がいた。随分その通りかもしれない。

現時点こうやって7億円当たったらと想像するだけで、ドリームが膨らみ、ウキウキした気持ちになった。

もしや・・・という方針と、こういうワクワクする方針、言わばくじを買ってみたくなってしまった。ザ・ボディショップ福袋 2017